ギタリストあるある

ギター上達の秘訣
この記事は約5分で読めます。
ギタリストあるある

毎日練習してる良い子のお兄さんオジサンお姉さんの皆様!
ギタリストに特化した悩みや困ったことをピックアップして皆さんと痛みを共有しましょう!(笑)
お金に関する事(弦とかエフェクターとかお金かかりますよね)や身体的な悩み(指が短いとか練習時に痛いとか)。

僕が経験してきたこともあると思われます。
困った事には解決策を講じていきましょう☆彡

ギタリストあるある

ガットギター
ギターには大きく分けて二種類ありますよね。
エレキギターとガットギターです。
クラッシックギターはアンプ無し!
エレキギターはアンプ無いと音が出ません!

普段エレキギターでは弾けるフレーズがガットギターでは弾けないって事ありませんか!?
初心者あるある。
っていうか熟練者でもそう感じることはあるかと思います。

これは至って普通の事です。
そもそも違う楽器ですから。
解決方法は一つ!
慣れるしかありません!!(笑)

ガットギターでもエレキギターでも素晴らしい演奏を魅せてくれるギタリストは沢山いますが、僕の個人的な好みで二人紹介しますね☆彡

ビレリ・ラグレーン(Biréli Lagrène)

彼のプレイスタイルの本丸は『ジプシー・スウィング』です。
当然ガットギターでのプレイは完璧!
フュージョンギタリストとしても最高の演奏をします!!
エレキギターとガットギター、どちらを持ってもピッキングスタイルが変わらないんですね♪

思うにガットギターでの弾き方がセンターラインで、エレキギターは弦のテンション等によって弾き分けてるんだと思います。
ガットギターに対する苦手意識はジプシー・スウィングをマスターする意味でも自分の主たる楽器をガットギターにすることで解決するでしょう☆彡

アル・ディ・メオラ(Al Laurence Di Meola)

ディメオラといえば地中海文化を取り入れた『フラメンコ』スタイルが有名です!
でも初期の頃はジョン・マクラフリン等の影響が強く感じられて結構なロックギタリストでした♪
後にスパニッシュ・モード満載の『ラテン』や『フラメンコ』な雰囲気を全面に出していきます。

ミュートを上手く使った高速ピッキングが彼の代名詞であり特徴です。
ハンマリングやエコノミーピッキング(スウィープ)を殆ど使わずオルタネイトピッキングで弾き倒すというスタイルが、スタッカートでテクニカルな緊張感のあるサウンドを生み出しています!

僕が最も影響を受けたギタリストがディメオラでした。
音楽的にもスキル的も。
オルタネイトピッキングを極めようと思ったのもディメオラのプレイを聴いてからなのです♪
ただ、彼のようにガットギターでもクオリティの高い演奏力を手に入れるまでには至りませんでしたが。(笑)

指先が痛いあるある

指先が痛いあるある
ギター練習中に『痛い!これ以上無理!』って経験ありませんか?
ギタリストあるあるでしょ!?
これは一過性のもので一定期間を経て全く痛みを感じなくなるのですが、初心者の頃は特に困ったあるあるでしょう。
これも慣れてしまえ!っていう事なんですが(笑)、一つアドバイスするとしたら『痛みが限界』に達したら『二日間~三日間ギターを弾かない』作戦が有効です!

指先の皮膚が固くなるには痛みが発生してから三日間くらいの時間を要します。
しかも。
三日経ったからといって急激に堅い皮膚になってる訳ではありません。
痛みが取れてるだけですから、何時間も弾き続ければ再び痛みが襲ってきます。

痛みが出たら休む。
痛くなくなったら練習再開。
この繰り返しでしか指先の皮膚を堅くする方法はありません。
地道にギタリストの指になっていくしかないのです♪

片時も手放したくないあるある

依存症
こちらも初心者やビギナー、特に若い世代あるあるでしょう。
実家に帰省する時に持っていきたい!
彼女との旅行にも持っていきたい!

完全な中毒状態ですな♪(笑)
これといって何の問題も無いので気にしなくても大丈夫ですが、彼女との旅行にまで楽器を持っていくなんて事は止めておきましょう。
『わたしとどっちが大事なの!?』といった笑えない状況になってしまうことも。
『わたしとギター!どっちが大事なの!?』問題

今回は少し趣向を変えてお話します!
ギターをこよなく愛する私たちにとって非常に由々しき問題でもあります。
『私とギター!どっちが大事なの?』発言に対して返答に詰まったり選びようがないだろ!っと言ってしまい、結果『大炎上』してしま...


生活苦になってしまう程の高い買い物あるある

もはや病気か!?っと言われてしまうレベルの依存症になってしまう方もいます。
楽器に限りません。
例えば、四畳半に住んでるのに車は『ポルシェ』ってケース。
同じく年収が300万円以下なのに『100万円のGibson』は常識で考えてどうでしょ!?(笑)

僕は常日頃、『真剣に音楽を作る』事や『情熱を持ってギターと接する』という事が、『年収を度外視』して『真面な仕事』を諦め『バイトのみで生きていく』という事であると信じてる変な勘違いをしてる方々に警鐘を鳴らしています。
ギターが仕事VSギターは趣味
高校生くらいになると一瞬頭をよぎった経験あると思います。『ギターだけで食っていきたいなぁ~♪』って想い。そこには何の戦略も計算も無く、ただ純粋に『ギター弾いてるだけで生活できるなんて最高だぁ~♪』って気持ち。夢を追いかけたいという願望は年齢問わず常に心の奥底で燃えているものです。

長くギターと良い付き合いをしていくには『あなたの人生』が豊かでないとなりません。
ギターは友達でしょ!?
何かを犠牲にして得る友情なんて本物の友情ではありません。
友達だったら『そんなことしなくていい!』って言うはずですから。

きっとあなたのそばにいるギターもそう感じてるはずです☆彡

最後に

どうでしたか!?
あなたのギタリストあるあるは何でしたか!?
よく聞く話では『ジーパン』のポケットからピック出てくるとか(笑)、楽器店に立ち寄ったら取り合えず試奏するとか?

もっといろいろありそうですよね♪
今度もっと深掘りして書いてみようと思います。


コメント

タイトルとURLをコピーしました